自動車を廃車にして処分するには?

廃車手続きに進む前に

 

もう、こちらの自動車を処分する前にはご覧になられたでしょうか?

 

価値が無いと判断され、廃車手続きしか方法がないとすれば悲しい事ですが仕方がありませんね。

 

 

手続き方法ですが、廃車にするにはお役所の管轄である『陸運局』にてナンバープレートの返還をしなければいけません。

 

 

その時に必要となるのが、

 

・所有者の実印
・車検証
・ナンバープレート(前後2枚)
・印鑑証明書(一通)
・解体報告記録日と移動報告番号を書いたメモ(解体を依頼した解体屋さんにお尋ねください。)
・自動車税納付書

 

普通自動車の廃車の手続きには、基本的に上記が必要になります。

 

また、ナンバープレートの返還をするわけですから、陸運局まで車で出かけられないようにご注意ください。
※ナンバープレートの付けてない車は公道を走れません。

 

 

廃車手続きには一時抹消と永久抹消がありますが、
一時抹消は自動車の使用を一時的に中止する手続きで、
永久抹消は自動車を解体して使用不可にする場合((解体済)も含む)や、浸水などの影響でもう乗れないときに行う手続きです。

 

 

もう一つ解体届出という手続きもありますが、上記の一時抹消をした後に、車の解体をする場合に必要な手続きになります。

 

 

もう乗らずに解体するのであれば、ナンバープレートを返還する前にまずは解体屋さんに車を直接持って行くか、レッカー車で取りに来てもらってから陸運局での廃車手続きに進んだ方がスムーズかと思います。