保険の現在の等級を引き継ぐ、中断証明書

車を処分したので、任意保険を解約することになりました。

 

けれども、もし将来新しい車を買った場合、今まで契約していた任意保険の等級は無効になってしまうのでしょうか。

 

保険料の等級割引はとても保険契約においてとても大きな特典です。

 

・廃車にした場合、
・海外に長期渡航する場合、
・リース会社に車を返却する場合など、

 

しばらく自動車に乗らなくなったので保険を解約したい、そして将来再度保険契約をしたいというとき、今まで何年もかけて育ててきた等級をそのまま無駄にしてしまうのは、とても勿体ないことです。

 

 

そんな時、今現在持っている等級を、次回任意保険を契約する時まで保護しておく為に、保険解約時に手続きを踏んでおく必要があります。

 

 

その手続きが『中断証明書の発行』です。

 

中断証明書とは、任意保険契約時の契約状況の証明です。

 

中断証明書は、自動車保険解約時に、現在契約中の保険会社に依頼することで、発行してもらいます。

 

そして次回任意保険契約時に、この中断証明書を契約保険会社に提出すると、過去に持っていた等級がそのまま継続され、再度スタートすることができるのです。

 

もちろん、保険契約に統一的に有効な仕組みですので、過去に契約した保険会社と、新たに契約する保険会社が同一でなくても大丈夫です。

 

ただし、この仕組みが有効なのは7等級以上。

 

そして有効期限にも注意が必要です。

 

中断しておける期間は最長で10年になります。

 

再度契約する場合、10年以上経過してしまうと、ゼロからのスタートになってしまいます。

 

そして万が一解約時に発行を忘れてしまっても、13か月以内なら発行してもらうことができます。

 

せっかく育ててきた任意保険。理由があってしばらく車に乗らないのであれば、中断証明書の取得は忘れないようにしたいものですね。