ストの安さと耐久性の高さが信頼性につながり、海外で喜ばれています。

国産車が海外で喜ばれる理由として一番に挙げられることは、やはり信頼性です。

 

 

海外は広く、時には治安の悪い場所を走ったり、灼熱の砂漠、極寒の道路を走る場合もありえます。

 

 

その時に、トラブルが発生し、車がその場から動けなくなってしまった場合を想定すると、最悪の事を・・連想してしまいます。

 

 

その点、国産車のメカニズム、電装系の信頼は、間違いなく世界のトップレベルです。

 

そういった点が、海外で国産車が選ばれる大きな要因の一つです。

 

また、耐久性の面でも世界的な評価を得ています。

 

 

日本国内での耐久性の評価レベルは世界でも類を見ない程のレベルの高さです。
ですから、初期性能を長い期間に渡って発揮できるので、海外で喜ばれているのです。

 

 

古い日本車が、海外の至る所で現役で活躍している姿をテレビのニュース等でよくみかけますよね。

 

外国人バイヤー達は、こぞって日本へ渡り、中古車を購入して自国へ輸出して、現地で販売を行っています。
もちろん、輸出に力を入れている活躍している日本企業も存在しますよ。

 

やはり、日本車が中古車としては一番の人気だそうです。

 

 

次に挙げられる理由としては、コストパフォーマンスです。

 

 

ハイパフォーマンスカーを例に挙げると、その乗り味やフィーリングが国産車は劣るからとも言われますが、
海外の名だたる車と同等の性能を発揮しているのに、価格は半分以下という点は大きなセールスポイントです。

 

さらに実用性は十分のものを得ています。

 

それは、大衆車にもあてはまります。

 

多くの販売を見込める車種ですから、そのコストパフォーマンスは、購入する側からすれば、大きなメリットであり、日本車を選択する大きな理由となります。

 

これだけ高く評価されている国産車を、お金を払ってまで処分してしまうのは、やっぱりもったいないですよね?